自己紹介はしっかり準備して望めばOK!面接の準備/The Finance Job

面接を受ける方へ

これから面接を受けようとしている方のお悩みといえば「自己紹介どうしよう」ではありませんか?しかし、心配することはありません。自己紹介はしっかり準備しておくことで安心して受けられますよ。ここでは面接の前に考えておくことを解説しています。

面接で気をつける基本的なポイント

到着時間

到着する時間は渋滞や遅延も予測して早めに到着するようにしましょう。もしどうしても遅れそうな時は早めに連絡する事が重要です。

面接以外で気を抜かない

受付や控室など面接以外の場所でも気を抜いてはいけません。普段どのように行動するかを見られていると意識して行動しましょう。

仕草全般

ノックして「どうぞ」と言われてから入室することやドアの閉め方も丁寧にしましょう。受け答えではない部分も面接官は見ています。

自らを知ってもらう

女性

就職や転職をする上で、最もキーポイントになるのが面接ではないでしょうか。実際、苦手に感じている方が大半です。緊張をするなという方が無理ですが、やはり事前にある程度の想定問答をしておくべきです。面接で訊ねられる内容には、定番のものが幾つかあります。その最たる例が、自己紹介ではないでしょうか。自己紹介をする上で重要になるのが、自らの人生の棚卸しです。大学生であれば、学生生活の中で何を学んだのかを話すと良いのではないでしょうか。サークル活動やボランティアをやっていると理想ですし、ゼミや友人との関わりの中で学んだことを話しても面白いはずです。既に社会人の経験があって転職をする場合は、企業は即戦力として期待をしています。前職での経験や今後の意気込みを取り入れることで、面接官の心に響くのではないでしょうか。無論、趣味や特技を自己紹介に組み入れても構いません。長く続けているものであれば、根気や粘り強さの証明になります。

自分を知っておくこと

履歴書

面接で失敗をしてしまうパターンとしては、ついつい自慢のような話し方になってしまうことがあります。学生時代や他社での実績があったとしても、謙虚に面接官に話すことが大切です。へりくだり過ぎても駄目ですが、自らの短所をしっかりと理解した上で、これからどう在りたいのかを語れると最高です。自己紹介に関しても、協調性を面接官は分析しています。丁寧な言葉遣いはもちろんですが、団体生活での経験や失敗談を話せば良いのではないでしょうか。仕事で一番大切なのはチームワークですし、仲間と上手くやれる方が必要とされる人材です。自己主張は極力抑えて、新しい職場でどんな夢を叶えたいのかを語って下さい。そうすることで、採用に近付けるはずです。

広告募集中